• ベビーシッターをするためのリフォーム工事

    現代では、幼児の保育施設の不足で待機児童も増え、社会問題にもなっています。



    近年、保育園に幼児を預けることができない家庭で、母親が働くために、ベビーシッター事業者に幼児を預けるのが増加傾向にあるようです。



    預ける料金は1時間がいくらで支払うシステムで、ベビーシッター事業を始めるには、保育士や認定ベビーシッターの資格を持っていても、臨時に預かるのを除き、都道府県知事に届け出をする必要があります。以前は6人以上からでしたが、平成28年4月から1人以上の保育で届け出するように厚生労働省が改正しました。

    事業として始める場合には、幼児保育の適切なスペースが要求され、リフォームをするベビーシッター事業所もあります。

    リフォームのやり方や費用は様々ですが、幼児が遊ぶ、食事をする、お昼寝をする、おむつを替えるなど、すべての場面を想定してリフォームする必要があります。
    例えば、壁紙を動物柄のものに張り替えるとか、フローリングに滑り止め加工をするとか、動き回る幼児がケガをしないような配慮が必要です。

    日本経済新聞の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

    塗装などをする場合は、有害物質のクロムアルデヒドが出ない材料を使わなくてはなりませんし、壁紙を貼る場合も同様です。
    特に大人数の児童を預かるときは、家具にも注意し、間仕切りなども設置する必要がでてくるかもしれません。近年では、ベビーシッターによる幼児の事故なども起こっていて、事業者と十分話し合い、保育施設も適正であるのか確認する必要があります。