• ベビーシッターを自宅でするときのリフォーム

    ベビーシッターを自宅で行うならば、そのまま部屋を利用するのではなくリフォームが必要になる可能性が高いです。使っていない部屋の一室を保育用に使えるのならば、その部屋をまるごと保育に適した環境にリフォームしておいたほうが、安全性が高まります。

    一番こだわりたいのが床材です。



    昔から使っている絨毯をそのまま使うというのは、おすすめできません。

    絨毯は綺麗に掃除したつもりでも、ダニなどがついていることが多いからです。

    エキサイトニュースの情報ならこちらで掲載されています。

    また、子供が足を引っ掛けて転んでしまうこともあります。
    滑りにくい床材を選ぶならば、コルクがベターです。

    コルクは滑りにくく柔らかい素材で、転倒防止に向いています。

    また、ダニやホコリなどがつきにくいため、喘息やアレルギーの予防にもなります。
    また、2階を使うという場合には1階に音が伝わってしまう可能性があるので、防音性が高い床材が適しています。

    コルクは防音性も備えています。



    ベビーシッターは、あらゆるリスクに備えておく必要があります。何かあってからリフォームするというのでは、信用を失ってしまった後なので利用者がいなくなってしまう可能性があるからです。
    また、部屋をまるごとリフォームするならば、壁紙も保育に適したデザインに変えておくと子供が喜びます。無機質な壁紙ではなく、子供の心が和むパステルカラー調のものや、動物柄などを取り入れてもいいでしょう。


    ベビーシッターを自宅でするときには、子供のことを考えて行うようにしましょう。